かじめやブログ

輪島朝市にて手描き衣・手焼描きカトラリーを日々生み出す女主の日記
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 変わらぬ思いTOP日記 ≫ 変わらぬ思い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

変わらぬ思い

変わらぬ思い

今できること・・・

これは私が4年前の能登半島地震の際に
投稿した新聞記事です。

そのまま書きます。

学生時代、坂本九さんの「上を向いて歩こう」を聞いて
涙があふれでた経験があります。
泣くのを我慢していたその時の気持ちを見透かされたようでした。
3月25日の能登半島地震以降、この歌が耳から離れません。
子どもが地震を怖がり泣くというのを聞きます。
そんな時は、泣かせてあげませんか。
泣きつかれた後に安心して休めるところがあればそれでいいと思うからです。
大人も悲しい時は思い切って涙が枯れる位泣きませんか。
きっと我慢していた時よりも早く涙は乾くと思うからです。
泣く力は新たな活力となって前に進もうとする気持ちを
後押ししてくれると、私は信じています。

変わらぬ思い

もう一枚の新聞記事は地震から
半月後に父のお店が再開されたときのものです。

この日の父のおひさまのような笑顔は今でも
目に焼きついています。

私は伝えたい

人は人によって救われるということを・・・

被災された方の不安や悲しみが決して奥にしまわれることのないように・・・

私は今できる最大限の支援と気持ちとおくりたいと思います。


スポンサーサイト

Comment

新聞記事になってたんやねv-87
かじめちゃんの優しさが滲み出ているよv-238

宇都宮にも連絡してもらって有難う!
ただ、風向きにもよるけど放射能が気になります。
2011.03.15Tue 20:55 ≫ 編集
良い文章やな~・・と、しみじみと読み返しました。
京都で阪神大震災を経験した私は、
結局いつも近距離の傍観者という立場なのですが、
だからこそ、差し伸べられる手がある。
と思うことにしました。
言い古されたことですが、
人は、人によって救われるのだと思います。
私も前向きになりました。
ありがとうございました。
2011.03.16Wed 16:31 ≫ 編集
一日でも早い復興と
みんなに笑顔が戻るのを
祈るばかり。。
2011.03.16Wed 23:38 ≫ 編集
日本全体
下道ライダーさんへ>私も心配です。無理のないようにと心底願っています。

ミチルさんへ>深刻です。日本全体がなにか大きな力に飲み込まれるような・・・ミチルさん、また笑顔で会える日がくることを祈っています。

つじもりさんへ>余震続きますが気をつけていてください。日本のパワーはここぞという時こそ発揮されると私は思います。日本全体がひとつになること・・・
2011.03.18Fri 13:02 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
World-Word-翻訳
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。